遠隔診療の動向

2015年8月の厚労省の通知により、実質解禁された「遠隔診療」。2018年の「診療報酬改定で遠隔診療を評価する」との首相発言もあり、その評価の行方に注目が集まっています。
従来、へき地等に限定的に解禁されていた遠隔診療を、文言の解釈を改め、広くすべての医療機関で可能であることを明確にした通知が2015年に出されました。医療界では従来の「対面診療の原則」が一部緩和され、新たな「診療スタイル」が創出されるのではないかと考え、多くの企業がこの分野に参入しています。
また、2016年11月の同会議では、遠隔診療の診療報酬上の評価を対面診療と同等にすることを求める意見が上がり、安倍首相も「遠隔診療を進め、質の高い医療を実現する」と言及しています。これをきっかけに、2018年診療報酬改定で「遠隔診療」が評価されるということが、あたかも既定路線のようになっています。
そこで、改定前に不謹慎かもしれませんが、遠隔診療は医療界にどんなインパクトをもたらすのかを私なりに予測してみたいと思います。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について