すでにご存知の方も多いと思いますが、2017年6月に成立した医療法改正にともない、病院・クリニックなどのウェブサイトが「医療広告ガイドライン」の規制対象となります。

これまで、病院などのウェブサイトに関するガイドラインとしては「医療機関ホームページガイドライン」というものがありました。このガイドラインは「自主的に対応することが望ましい指針」といった性質のもので、法的な拘束力はなく、刑事罰の対象でもありませんでした。

ですが、医療法の改正により医療機関のウェブサイトが広告規制の対象となることで、新しい「医療広告ガイドライン」が策定され、これに違反した場合は是正命令を受けたり、刑事罰に問われたりする可能性も出てきました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について