2018年4月の診療報酬改定で、オンライン(遠隔)診療が診療報酬で評価されました。内容的には対象となる疾患やケースが限定的であったため、一気にオンライン診療が進むかといえば疑問符がありますが、いずれにしても新たな診療スタイルの道が誕生したと考えると、大きな変化であったように感じます。

 また、オンライン診療システムは、すべてがクラウド型のシステムです。2010年の医療分野のクラウドが解禁されてから、7年が経過し、多くのシステムがクラウド化に進んでいます。そこで、今回はクラウド時代のネットワークトラブルに対して、どのような準備が必要かを考えてみます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について